marpac

Our Story

Our Story

マーパックの誕生物語は、
とあるセールスマンの妻への愛情から始まります。

時は1962年。仕事柄、出張の多いジムと妻のトゥルーディのお話です。トゥルーディは普段から寝つきが悪く不眠症ぎみだったのですが、ジムの出張に同行してホテルで寝るときは、なぜかぐっすり眠れることに気がつきます。

自宅よりも安ホテルのベッドのほうがぐっすり眠れる?なぜだろう?ジムは、ホテルの部屋でずっと鳴り続けているエアコンの音が、トゥルーディの睡眠に関係していると確信しました。

愛妻家であり、家ではDIY好きなジム。

家に戻ると、ジムはさっそくエアコンの風切り音を発生させる装置を作り始めます。風は発生させずに、音だけ。できあがった装置に「サウンド・コンディショナー」という名前を付けます。

この最初の装置は、木の板にモーターと小さなプロペラを取り付け、犬のフードボウルを被せただけの、とてもシンプルなものでした。でも、その装置の作る風の音は、癒しの音。気になる雑音を覆い隠し、人々を深い眠りに誘いました。

一度試したら みんなが好きになるサウンド・コンディショナー

サウンド・コンディショナーの噂は家族や友人の口づてで広まり、試してみたいという人が次々に現れました。サウンド・コンディショナーの人気は高まり、注文は増え続け、やがてジムは小さな会社を作りました。これがマーパックのオリジナル商品スリープ・メイト「SleepMate」誕生のおはなし、現在のスリープ・ミーの原型です。

最初は犬のフードボウルから作られたサウンド・コンディショナー。時を経て、現在の製品は改良され、洗練された姿になりましたが、「問題を解決したい」という熱意、「わぁ、これすごい!」という感動を大事にする根本理念は変わっていません。「ぐっすり眠らせてあげたい」という愛情のこもった思いも、会社が大きく成長した現在まで変わらず受け継がれています。

マーパックの製品は、アメリカ製です。創業以来、製品は改良を重ねてきましたが、創業時とかわりなく熟練した職人達がひとつひとつ手作業で組み立て、耳で品質チェックをしています。長年勤めてきた職人の耳が、今でも品質保証の要なのです。その証しに商品の裏面には組み立てた職人の名前が手書きでサインされています。これこそ、マーパック製品が半世紀以上、皆様に愛され続けている理由と信じています。

ぐっすり眠ったあとの爽快な寝覚め。きっと素敵な1日が送れるはずです。

マーパックが理想とする眠り。それは一瞬で眠りに落ち、同じ姿勢ですっきりと目覚めること。
起きたとき、枕にはちょっとよだれもついてるかも?そんな眠りです。

そもそも眠りは気持ちの良いものです。そして、とても大切なこと。眠るために苦労するなんてもったいないとおもいませんか?

さあ、スリープ・ミーのホワイトノイズを聞いてぐっすり眠りましょう!

設立
1962年

所在地
ノースカロライナ州ウィルミントン(本社と製造部門)
ノースカロライナ州ローリー(営業所)

スタッフ
約50人

販売実績
1962年より現在までの販売台数、約450万台